当ウェブサイトではサイトの利便性向上を目的にクッキー(Cookie)を使用しています。 サイトを閲覧いただくには、クッキーの使用に同意いただく必要があります。 詳細については「クッキーポリシー」をご覧ください。

LIQUID
PARTICLE

オイル・フルイド

流体と流体部品・回路の清浄度管理

油圧・潤滑装置の清浄度改善と予防診断技術への投資

自動車・航空機・建設機械・発電をはじめ、オイルや燃料を使用する全ての機械・駆動製品は、その品質を維持するために、製造段階での部品洗浄、出荷工程でのフラッシングなど使用されるフルイドの清浄度が適切でなければなりません。さらに、高圧で複雑なコントロールが要求される油圧装置や延命が求められる潤滑装置を設備として使用する現場では、それら流体回路の中に存在する数ミクロンの汚染夾雑物(コンタミナント)が摩耗や摺動不良を生じさせる原因であり、予防的に清浄度を監視・制御しないと機械故障につながります。

オイル・パーティクルカウンタ

オンライン相対水分センサ

インテクノスのオイル・フルイド清浄化ソリューション

オイルの清浄度管理

パーティクルカウンタの必要性

駆動系及び流体部品を採用している機械システムは、近年、高圧・電子化によって、部品の小型・精密化が進んでいます。これに伴い、使用される部品クリアランスは狭まり、汚染粒子に対してより敏感になってきました。これら部品を実装する自動車や建設機械メーカーは、航空機の油圧部品同等の清浄度管理が求められるようになっています。一方、発電所をはじめ、製鉄・自動車生産ラインでは、多くの油圧・潤滑装置を使用しています。当然ながら、それら設備機械の機械的閉塞・損傷・摩耗を避けるために、予防的な清浄度管理が求められています。これら清浄度管理への高い要求に応えるには、液体の汚染粒子濃度レベルを数値管理出来るパーティクルカウンターが必要となるのです。私たちは、清浄化改善を含めたパーティクルカウンタの技術活用を支えることで市場から高い評価を得ています。

コンタミネーションは放置してはならない

摩耗の連鎖を止める

汚染度が高い潤滑システムでは、クリアランスに侵入した汚染微粒子が摩耗を誘発し、摩耗粒子というもう一つのコンタミナントを増やします。さらにその摩耗粒子は、他の部品クリアランスに侵入し同じような現象、つまり「摩耗の連鎖」を引き起こします。この「摩耗の連鎖」は、システムにおける摩耗粒子の発生量と濾過量のバランスが崩れた場合に雪だるま式に増え、機械の寿命を加速度的に縮めます。潤滑システムの寿命を延命させるには、機械摩耗を防ぐためにオイル清浄度を常に高いレベルで保たなければなりません。オイルの清浄度を高く保つには、オイル・パーティクルカウンターによる監視と汚染制御に関する正しい知識が必要です。インテクノスは、清浄度管理は勿論のこと、汚染制御や潤滑管理に関する専門的知識を提供しています。

監視のトレンド

オンライン・リアルタイム監視

従来のオイル清浄度監視は、採取したボトルを分析室で解析していましたが、そこにはサンプリング方法の妥当性や手間がかかるといった課題がありました。この課題の解決として「オンライン・リアルタイム監視」の技術が清浄度監視の世界で求められるようになったのです。主に、2つの領域で要求が急増しています。一つは、駆動系及び流体部品を製造している工程です。製品内部の流体清浄度を常時全数検査することによって、品質向上を目指します。もう一つの領域は、油圧・潤滑装置を採用している設備メンテナンスです。油圧作動油や潤滑油を、オンライン・リアルタイム監視することで、ダウンタイム回避と生産効率の向上を目指しています。インテクノスは、ノウハウが必要なオンライン・リアルタイム監視のパイオニアとして、設置から運用まで技術的な支援を行っています。

オイル・フルイドにおける関連記事

技術情報

2021.06.25

IP564

燃料清浄度の測定 – 試験室における自動粒子計数法 EI(Energy Inst...

技術情報

2021.05.19

ISO等級(ISO4406)(JISB9933)

油圧-作動油-固体微粒子に関する汚染度のコード表示 Hydraulic fluid powe...

技術情報

2021.05.19

NAS等級(NAS1638)

National Aerosrace Standard 1638 現在ではISO等級が国際的...

技術情報

2021.05.19

ISO21018:2008 (JISB8673:2011)

油圧-作動油の清浄度モニタ方法 Hydraulic fluid power – ...

技術情報

2021.05.19

オイル・フルイドの目指す清浄度レベルとは

目標の清浄度レベルは、使用している機械の稼働環境、故障の影響度、部品隙間から指定されることが...

技術情報

2021.05.19

オイル測定の理想型

「分析室型」の分析機器は、主に油剤供給会社や油分析会社のスペシャリスト間で使用することが多く...

技術情報

2021.05.19

パーティクルカウンタの校正は

液体用自動粒子カウンタの校正方法は、過去ACFTD(Air Cleaner Fine Tes...

技術情報

2021.05.18

自動車用燃料汚染度の基準とは

燃料汚染度解析がすでに義務化し始めている航空機業界以上に様々な用途に利用されている自動車エン...

技術情報

2021.05.18

給油サンプリングについて

燃料清浄度の測定においてベストなサンプリング方法は、インラインサンプリング -自動車燃料(軽...

Inspiring technology solutions