インテクノス・ジャパン
オイルコンタミテスタ i-grade のご紹介

  1. 株式会社インテクノス・ジャパン
  2. 製品情報
  3. オイル測定機器
  4. オイルコンタミテスタ
  5. igrade

igrade

  • 概要・特長
  • アプリケーション
  • 主な仕様
  • カタログダウンロード

概要

オイルの汚染度を簡単判定し、傾向から危機的状況を察知する

オンライン組込型のオイル・コンタミセンサ icount PDの機能をそのまま、充電式バッテリー、ポンプ、モーターと共に、シンプルで堅牢なボディにまとめました。ボタンを押してサンプルを吸入するだけで、即座にISO/NASの汚染度等級を判定します。

※より高精度に粒子の大きさや数を測定する場合にはパーティクルカウンタ LCM20シリーズをご検討下さい。

※igradeの対応粘度範囲は2 ~ 100cSt (約 ISO VG32cSt) までの低粘度作動油または燃料油用となります。
対応粘度範囲外の作動油や潤滑油を測定する場合にはパーティクルカウンタ LCM20シリーズをご検討下さい。


オイル・コンタミセンサとは?

オイル・コンタミセンサとは?様々なトラブルの原因となる油中のコンタミ(夾雑物など)の大きさと個数をセンシングし、国際規格で定められている汚染度等級(ISO/NAS)を判定する機器です。オイルを使用する幅広い分野で、トラブルの低減・品質の向上など多くの目的で使用されています。

どのようなニーズから生まれたのか?

オイル・コンタミセンサとは?工場の設備保全やカスタマーサービスなど、複数台のパーティクルカウンタが必要だがコスト面で採用が難しいケースでは、「簡易的にISO/NAS等級が分かれば十分」という声が後を絶ちません。またオンライン型コンタミセンサ icountPDの採用を検討していても「組込が難しいのでは?」「配線が面倒」という声も聞かれます。このようなニーズから独自のノウハウを凝縮して生まれたのがコンタミテスタ igrade(アイグレード)です。もはや面倒な前準備や熟練度による個人差は過去のものとなりました。

特長・機能

1
利便性

どこへでも持ち運べるポータブル設計

測定原理はレーザー光遮蔽式「igrade(アイグレード)」の電源は100~240VACなので国内外で使用できます。標準8時間以上の連続稼働を可能にする充電式バッテリを内蔵しているので、電源のない屋外でも安心して利用できます。重量やサイズも過去の粒子計数器と比較すると軽量化されており、片手で持ち運びができます。


2
精度追求

汚染度判定機器として正確な測定を追求

汚染度判定機器として正確な測定を追求「igrade(アイグレード)」の一番の特長は、センサの精度を最大限に高める精密メカニカル機構を搭載していることです。センサ部分に通過するオイルの流速コントロールや、前回テストのフラッシング及び消泡機能が、センサ部の精度を最大限に生かしています。また、精度の要となるセンサ部は、ISO11943(JIS B9935)に基づき校正されたものです。これは、粒子計数器で使用されるレーザー光源とフォトダイオードを有したもの(光遮へい原理)と同等で、サンプル中の汚染物質の数を内部カウントし、国際標準規格である汚染度コード:ISO等級4406(JIS B9933およびNAS等級も可)を表示します。

ISO 4406での表示(4、6、14μm(C))
潤滑油・作動油をはじめとした工業用液体の大半は、下記の決められた粒径範囲を計測し報告されることが国際基準化されています。

汚染度コードの国際規格です。サンプル中の粒子数を、≧4,≧6,≧14μmという各微粒子の粒径範囲に区分し、1mL中の粒子数から割り当てられるスケール番号(1~24)を斜線(/)によって区分し、3桁表示します。


3

粒子数計測

パソコンに接続し、シリアル通信をする事によって4μm(c),6μm(c),14μm(c),21μm(c)のコンタミ数を測定する事が出来るようになりました。
各粒子径のコンタミ数を把握する事により、等級のみの管理よりもより詳細な分析が可能となり、各機器のクリアランスに伴った粒径の管理に非常に有効です。
オンラインでの粒子数測定がより簡単に運用できるようになりました。

~RS232Cでシリアル通信する事で粒子数を把握~
-汚染度等級はISO/NAS対応- (ACFTD校正の場合は2μm、5μm、15μ、25μ)

粒子数計測


4
多様性

タンクからのダイレクトサンプリングや、インライン測定が可能

タンクからのダイレクトサンプリングや、インライン測定が可能「igrade(アイグレード)」は設備保全や機械・オイルメーカーのボトルでの判定利用を主たる目的として設計されています。しかし、ボトル判定は、サンプリング手法によって、結果が左右されるという大きな問題点をもっています。(JIS B9936を参照ください)そこで「igrade(アイグレード)」は、今まで困難であったタンクや、低圧ラインからのダイレクトサンプリングを、内蔵精密ポンプにより可能にしました。これにより、測定の精度を高めるだけではなく、ボトルの廃棄や管理といった手間が省け、より実用的な測定が出来るのです。


5
燃料用途

「燃料」用途での需要、特にコモンレールで活躍

「燃料」用途での需要、特にコモンレールで活躍「igrade(アイグレード)」は、燃料の中でも高圧で噴射するコモンレールエンジン業界において多く利用されています。この業界では、フィールドやその輸出先での燃料事情の違いや、汚染物質や水滴、バクテリアを原因としたトラブルが深刻化していることから、車両メーカー・エンジン生産者・部品サプライヤー・ディーラー・軽油供給者の間で、現地調査・カスタマーサポート用途に「igrade(アイグレード)」が活躍しています。
なぜなら、「igrade(アイグレード)」は専門的な知識を必要としない上に、燃料ストレージや燃料系統の配管上からもダイレクトにサンプリングできるので、車両中の燃料汚染度を分析室へ送るよりも、圧倒的に正確かつ簡単に知ることができるからです。


6
校正設備

国内での定期的な再校正が可能

国内での定期的な再校正が可能「igrade(アイグレード)」の精度を継続させていくためには、センサ部分の再校正が必要となります。当社では国内校正が可能であり、国際規格に準拠しているセンサを選定することで数日以内の対応を可能にしています。


7

制御盤からigarde(アイグレード)をコントロールする

igrade(アイグレード)を恒久設置し、その動作を制御する場合に、端子台の機能が役立ちます。リレー出力やセンサ部分とポンプの起動をコントロールすることができます。
制御盤からigarde(アイグレード)をコントロールする


オプション:測定結果を記録するロガー

オプション:測定結果を記録するロガーオプションで測定値を記録できるロガーを選択できます。CFカードに記録されたコンタミの傾向からシステムの変調を発見することもできます。遠距離からの記録ONは、igrade(アイグレード)と同じように端子台でコントロールできます。

※本ユニットは、LANポートを持ち離れた場所からigradeを一括制御・管理ができるインターフェイスユニットとしてもご利用頂けます。

データロガー(i-Logger)

アプリケーション

カスタマーサービス

カスタマーサービス充電式バッテリー内蔵なのでお客様の現場に出向きその場でサンプル測定が可能です。

僻地での調査

僻地での調査マイニングサイトや発展途上国など、電源が無いフィールドでも使用可能で持ち運びにも適しています。

主な仕様

測定時間 推奨30 秒( 5 ~ 180 秒)
測定原理 光遮へい式(光源:レーザーダイオード)
適応規格 ISO4406(7 ~ 22)、NAS1638(0 ~ 12)
※ ISO7 級以下についてはISO4406:1999 で定義された不確か性によります。
校正 ISO11943(ISO11171 校正機器を標準機として使用)またはISO4402 に準拠
校正周期 1回/1年
粘度範囲 2 ~ 100cSt (約 ISO VG32cSt 迄の低粘度作動油または燃料油用)
温度範囲 環境温度範囲 +5℃~ +60℃
オイル温度範囲 +5℃~ +50℃
圧力範囲 インライン 最大使用圧力 0.5Mpa 以下
精度/再現性 センサ部分精度 ±ISO1 等級以内
※上記はIPD センサ部が規定流量を保持した場合の精度のため、油種や環境により多少異なります。
PC との接続 D-sub 9pin コネクタを推奨
※コネクタ及びUSB 変換アダプタは付属しておりません。
電源電圧 100 ~ 240V AC アダプタ
充電式バッテリ内蔵(フル充電時約8 時間稼働)
吸入/排出チューブ LEGRIS - 6mm(吸入) 4mm(排出)
- POLYURETHANE POLYETHER CALIBRE Hose
材質 IPD:ABS 樹脂、ステンレス  ケース:アルミ

カタログダウンロード

カタログの閲覧には専用のPASSWORDが必要です。カタログ閲覧用PASSWORDの発行はこちらからお願いします。

カタログ閲覧用PASSWORDの発行はこちらから

  • LCM20
  • ACM20
  • PDS.TM
  • PDS
  • IPD
  • igrade
  • IBS
  • Analex FDM/TFD
  • Analex FDM+
  • Analex pqL
  • Analex PC
  • FBO
  • マイクロクイック
  • 会社案内
  • 製品ラインナップ
  • 機械状態監視に新たな風を
  • 自動車業界に必要な汚染管理
お問い合わせ
潤滑油・油圧作動油・ATF・洗浄油のコンタミ・汚染度・水分・鉄粉濃度・オイル劣化・全酸価を、規格に準じて、監視・NAS測定・計測する場合は、パーティクルカウンタ(油中微粒子計数器)などのセンサ・テスタをお問い合わせください。お問い合わせ
技術情報
技術資料
よくある質問
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

ページの先頭へ