インテクノス・ジャパン
コンタミ監視・落下粒子パーティクルモニタ APMON のご紹介

  1. 株式会社インテクノス・ジャパン
  2. 製品情報
  3. 気中コンタミ監視
  4. コンタミ解析
  5. APMON

APMON

  • 概要・特長
  • アプリケーション
  • 主な仕様
  • カタログダウンロード

概要

気中の落下塵をリアルタイムに判定し、適切なソリューションに結びつける。

インテクノスは、本質的な「異物監視」技術をお届けし、日本製品のクリーン化に そして、製品の信頼性向上に貢献します。

今年9月から販売開始

キレイな工場も大切だけど、-キレイな製品-を目指してほしい

品質に影響を及ぼす粒子とは、製品表面に付着する落下粒子
エアーパーティクルカウンタでクリーンルーム清浄度クラス(ISO 14644-1)を管理していても、それはあくまでも落下しない浮遊粒子の環境計測です。人や接触、クロスコンタミネーションによって発生する品質不良と相関のある落下粒子の監視こそが、製品の信頼性を高めます。

製造工程に必要な品質リスクアセスメント
今までは、この落下粒子を採取プレートなどに堆積させ、目視に近い装置や顕微鏡などで測定・解析してきました。しかし、この落下粒子測定では、結果を見るだけで、リアルタイムのリスクを評価できません。汚れた製品が、出荷されてしまっているかもしれませんね。

そこで落下粒子パーティクルモニタ「APMON」
APMONは製品の製造局所に設置し、品質に影響を与える粗大粒子の常時モニタリングを可能にしました。15µm以上の落下粒子を5分間隔で計測することで、発塵警報やクリーニング後の効果計測にも利用できます。

落下粒子率 (Particle Deposition Rate)とは?
APMONは、15-1000µmまでの粒径毎の粒子数をリアルタイムに計数するだけではなく、一定時間の堆積数を算出することができます。
また、ISO 14644:2019に向けて議論されている落下粒子率 PDR= 粒子数/m2/hour などを表示することができます。(PDR:Particle Deposition Rate)

APMONが活用されている世界
この落下粒子は主に人間から発生するケースが多く「クリーンルーム用ロボット」を使用するウエハ製造などの「ISO 1-5級」といった清浄度レベルでの使用よりは、人間が作業する環境「ISO 6-9級」もしくは、粗大粒子によって製品の信頼性を損なう可能性がある準クリーンルーム(例えば、5-100µmが性能に影響する精密部品・自動車部品製造工程)などで求められている技術です。

品質のリスクアセスメント

自動車・自動車分野では、燃費・乗り心地、塗装精度向上といった新しい技術を実現しています。この実現は、小型部品や複雑な部品を採用していることから、より高いレベルのコンタミ管理を要求しています。品質不良につながる異物「落下粒子」を監視、そして、製造環境を整えよう。


特長・機能

1

1

堆積異物のトレンドを監視

5分~間隔で、15µm~の粒子をカウント(落下粒子数 / m2 / Hour)

1

アプリケーション

主な仕様

測定方式 レーザーホログラフィック検出式
測定範囲 15 - 1000μm
測定間隔 5分
本体CPU i5 processor
本体との通信 Ethernet
電源 センサ本体共に 100 - 240 V
外径 390×80×150mm
重量 5kg
校正周期 1年に1回を推奨

カタログダウンロード

カタログの閲覧には専用のPASSWORDが必要です。カタログ閲覧用PASSWORDの発行はこちらからお願いします。

カタログ閲覧用PASSWORDの発行はこちらから

  • APMON
  • マイクロクイック
  • パーツセンス
  • PDS.TM
  • LCM20
  • 自動車業界に必要な汚染管理
  • ACM20
  • PDS
  • IPD
  • igrade
  • IBS
  • Analex FDM/TFD
  • Analex FDM+
  • Analex pqL
  • Analex PC
  • FBO
  • 会社案内
  • 製品ラインナップ
  • 機械状態監視に新たな風を
お問い合わせ
クリーンルームでの製品付着残渣として悪影響の原因となる気中の落下粒子に対する管理・数値化をご要求の場合には、最先端のクリーンルームテクノロジーである「APMON」と表面清浄度と落下塵の粒子検査を5秒で測定する「パーツセンス」へお気軽にお問い合わせください。
また、潤滑油・油圧作動油・ATF・洗浄油のコンタミ・汚染度・水分・鉄粉濃度・オイル劣化・全酸価を、規格に準じて、監視・NAS測定・計測する場合は、パーティクルカウンタ(油中微粒子計数器)などのセンサ・テスタをお問い合わせください。
お問い合わせ
技術情報
技術資料
よくある質問
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

ページの先頭へ