インテクノス・ジャパン
水分モニタ RHS のご紹介

  1. 株式会社インテクノス・ジャパン
  2. 製品情報
  3. オイル測定機器
  4. 水分モニタ
  5. 油中水分センサ RHS

RHS(相対水分センサ)

  • 概要・特長
  • アプリケーション
  • 主な仕様
  • カタログダウンロード

概要

オイル中の水分をリアルタイムに判定し、適切なソリューションに結びつける。

コンタミと共に油圧・潤滑システムの大敵となる水分。侵入した水分はシステム内の錆び、腐食、摩耗、バクテリアの発生などトラブルの原因となり、またオイル自体の性状の劣化、酸化などの大きな要因でもあります。RHSは、オイルの相対水分量をリアルタイムに測定する相対水分センサです。システム配管中の流れがあるポイントにセンサを設置すれば、測定データがアナログ信号(4-20mA)で出力されます。


相対水分とは?

相対水分とは?遊離(分離)水分が現れ始める飽和点に対するパーセンテージであり、油中の湿度と言い換えてもいいでしょう。飽和点までの溶融水分をセンシングするため、比較的低水分の用途に向いています。絶対水分量(ppm)とは異なりますのでご注意ください。また飽和点は油種や温度によって変化するため、一般的には絶対水分量(ppm)との相関は困難とされています。

特長・機能

1地球環境に優しい試薬未使用、オンライン対応

地球環境に優しい試薬未使用、オンライン対応

カールフィッシャーなど従来の測定法と異なり、試薬を使わずオンライン対応なので廃油・廃材を出しません。


2リアルタイムで常時監視

リアルタイムで常時監視

配管にセットすれば、リアルタイムで常時監視可能です。


03

高性能・高堅牢製を実現

防爆仕様のMS300

アプリケーション

設備保全

カスタマーサービス高価な機器にダメージを与える水分を管理し、ダウンタイムを低減します。

品質管理

僻地での調査初充填オイルに過剰な水分が混入していれば潜在的なトラブルの原因になります。

主な仕様

精度: +/-2 %
温度精度: +/-1 °C
校正: ISO/IEC 17025, NIST & NPL Traceable
対象油: 石油・合成油
製品素材: 304 ステンレス綱
最大圧力: 10 bar
耐振性: 8~500Hz
耐衝撃性: 最大50g
IPレーティング: IP67
サンプル温度範囲: -40 to 100 °C
デジタル入力 : RS232 D-sub9ピン端子
デジタル出力 : RS232 D-sub9ピン端子
アナログ出力(要相談): 4 - 20 mA
※通常仕様ではアナログ出力端子はなく、先バラケーブルの結線が必要になります。
電源: 12 - 30 Vdc < 1 w
測定間隔: 約 30 秒
重量: 0.3 Kg

カタログダウンロード

カタログの閲覧には専用のPASSWORDが必要です。カタログ閲覧用PASSWORDの発行はこちらからお願いします。

カタログ閲覧用PASSWORDの発行はこちらから

  • LCM20
  • ACM20
  • PDS.TM
  • PDS
  • IPD
  • igrade
  • IBS
  • Analex FDM/TFD
  • Analex FDM+
  • Analex pqL
  • Analex PC
  • FBO
  • マイクロクイック
  • 会社案内
  • 製品ラインナップ
  • 機械状態監視に新たな風を
  • 自動車業界に必要な汚染管理
お問い合わせ
潤滑油・油圧作動油・ATF・洗浄油のコンタミ・汚染度・水分・鉄粉濃度・オイル劣化・全酸価を、規格に準じて、監視・NAS測定・計測する場合は、パーティクルカウンタ(油中微粒子計数器)などのセンサ・テスタをお問い合わせください。お問い合わせ
技術情報
技術資料
よくある質問
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

ページの先頭へ