インテクノス・ジャパン
オイルコンタミセンサ icountPD のご紹介

  1. 株式会社インテクノス・ジャパン
  2. 製品情報
  3. オイル測定機器
  4. オイルコンタミセンサ
  5. icount IPD

icount IPD

  • 概要・特長
  • アプリケーション
  • 主な仕様
  • カタログダウンロード

概要

オイルの汚染度を簡単判定し、傾向から危機的状況を察知する

オンライン/リアルタイムでオイルの汚染等級(ISO/NAS)を判定するローコストなコンタミセンサです。産業界で圧倒的なシェアを誇るパーティクルカウンタLCM20シリーズの測定原理(レーザー光遮蔽式)を応用し、小型化・低価格化に成功した簡易型監視ツールです。多点での連続監視、車両への搭載、高所への設置など、アプリケーションは無限です。

※より高精度に粒子の大きさや数を測定する場合にはパーティクルカウンタ LCM20シリーズをご検討下さい。


オイル・コンタミセンサとは?

オイル・コンタミセンサとは?様々なトラブルの原因となる油中のコンタミ(夾雑物など)の大きさと個数をセンシングし、国際規格で定められている汚染度等級(ISO/NAS)を判定する機器です。オイルを使用する幅広い分野で、トラブルの低減・品質の向上など多くの目的で使用されています。

なぜオンライン測定なのか?

なぜオンライン測定なのか?どのようなニーズから生まれたのか?昨今では常識となった油中のコンタミ測定ですが、国内における主流は未だにボトルに採取したサンプルを測定するオフライン測定です。手軽に導入できるというメリットがある反面、「ボトルの清浄度管理」や「サンプリング方法の個人差」、「廃油・廃材を出す」など問題点も多いのが事実です。欧米では早くからオンライン測定が主流になっており、国内でも先進的なユーザーではオフラインからオンラインに移行するケースが増えています。

特長・機能

1

ISO 4406での表示 (4, 6, 14μm(C))

潤滑油・作動油をはじめとした工業用液体の大半は、下記の決められた粒径範囲を計測し報告されることが国際基準化されています。

ISO 4406 汚染度コード:(JISB9933)
汚染度コードの国際規格です。サンプル中の粒子数を、≧4,≧6,≧14μmという各微粒子の粒径範囲に区分し、1mL中の粒子数から割り当てられるスケール番号(1~24)を斜線(/)によって区分し、3桁表示します。


1

見やすい測定結果の表示

国際基準ISO4406で決められた3粒子サイズを表示。測定数値がひと目で確認できます。NAS等級での表示も可能です。

デジタル表示(ISO4406/NAS1638)
セットアップユーティリティからの設定により、表示角度を90度ごとに回転させる事が可能です。


04

粒子数計測

~RS232Cでシリアル通信する事で粒子数を把握~
-汚染度等級はISO/NAS対応- (ACFTD校正の場合は2μm、5μm、15μ、25μ)

粒子数計測


04

測定原理

IPDシリーズに採用されているのは、産業界をはじめ各分野で長年にわたりサポートされている信頼性の高い測定原理です。
測定原理一定にコントロールされた流速で、IPDに流入したサンプルは、測定部(①)を通過します。測定部を通過するサンプルは、レーザー光源(②)から発せられるレーザー光に照射されます。その時、サンプルに含まれるコンタミは、レーザー光の先にあるフォトダイオード(③) に影を落とします。フォトダイオードでは、通過するコンタミの影の大きさにより光電変換が行われ、コンタミの大きさを導き出します。また、粒径レンジごとに粒子数を計数することで、換算し等級を表示します。


シリーズラインナップ

  • icount IPDR車載型コンタミセンサ icount PDR
    オイルコンタミセンサに車載型が遂に登場
    ISO4406:1999・(NAS1638)
  • icount PD Z2ATEX ZONE2適合型コンタミセンサ icount PD Z2
    ATEX指令ZONE2に適合した
    ISO4406:1999・(NAS1638)

アプリケーション

車両への搭載

車両への搭載小型で軽量なため、海外では車両に搭載されている例も多数あります。

発電分野

発電分野風力発電など、メンテナンスが困難な場所への設置に最適です。

その他フラッシング装置への組込、燃料最終供給段階での監視など用途は様々です。

油圧テストスタンド関連

油圧テストスタンド関連油圧テストスタンドにおけるコンタミの変化をリアルタイムで計測する事ができます。出荷のテストやフラッシングによるコンタミ変化を観察することでフィルタの交換時期や製品清浄度を判定します。

主な仕様

測定原理 光遮断式自動粒子計数法(光源:レーザーダイオード)
適応油種 鉱油系、合成油系(※その他はお問い合わせ下さい)
アグレッシブオイル(オプション)、燃料油(オプション)
ISO等級 3チャンネル(NAS等級は1チャンネルで判定)
適応規格 ISO4406(7~22級)、NAS1638(0~12級)
精度/再現性 ±ISO1級(安定した流量60ml/min±10% 排圧0.2Mpa以上の場合)
流量範囲 40~100ml/min(最適流量60ml/min)
オイル温度範囲 +5℃~+80℃
環境温度範囲 +5℃~+60℃
使用圧力範囲 0.2~42Mpa(オイル・フィーダーを利用すれば、0Mpa~)
測定時間 5~180秒
出力 4~20mA&リレー出力(先バラケーブル選択による結線が必要)
RS232C(結線ケーブル選択 D-sub9ピン端子)
電源電圧 9~40VDC
油圧接続 M16x2
ケース保護等級 IP66 EMC/RFI LVD対応
寸法(重量) 182 x 155 x 86mm (1.3kg)
校正 ISO11171またはISO4402に準拠
再校正周期 1回/年 ISOトレーサビリティ証明書発行

カタログダウンロード

カタログの閲覧には専用のPASSWORDが必要です。カタログ閲覧用PASSWORDの発行はこちらからお願いします。

カタログ閲覧用PASSWORDの発行はこちらから

  • LCM20
  • ACM20
  • PDS.TM
  • PDS
  • IPD
  • igrade
  • IBS
  • Analex FDM/TFD
  • Analex FDM+
  • Analex pqL
  • Analex PC
  • FBO
  • マイクロクイック
  • 会社案内
  • 製品ラインナップ
  • 機械状態監視に新たな風を
  • 自動車業界に必要な汚染管理
お問い合わせ
潤滑油・油圧作動油・ATF・洗浄油のコンタミ・汚染度・水分・鉄粉濃度・オイル劣化・全酸価を、規格に準じて、監視・NAS測定・計測する場合は、パーティクルカウンタ(油中微粒子計数器)などのセンサ・テスタをお問い合わせください。お問い合わせ
技術情報
技術資料
よくある質問
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

ページの先頭へ