インテクノス・ジャパン
オイル測定用スロットルバルブ のご紹介

  1. 株式会社インテクノス・ジャパン
  2. 製品情報
  3. オイル測定機器
  4. サンプラー&アクセサリ
  5. スロットルバルブ

スロットルバルブ

  • 概要・特長
  • 主な仕様
  • カタログダウンロード

概要

コンディションモニタリングは、サンプリング(試料採取)からはじまる。

システムオイルの測定には大きく分けてインライン(オンライン)とオフラインの二通りがあります。システムに直接カウンタを接続するインライン測定では、システム配管中に接続口を設ける必要があります。インラインサンプラーSTIが取り付けられない場合や、サンプルの粘度が高い場合にはスロットルバルブを使用します。


スロットルバルブによるオンライン測定方法

スロットルバルブによるオンライン測定方法

  • (1) パーティクルカウンタLCM20の吸入側を配管に設けたテストポイントに接続します。
  • (2) パーティクルカウンタLCM20の排出側にスロットルバルブを「閉じた状態で」接続します。
  • (3) スロットルバルブの排出チューブを油溜めに流し、スロットルバルブを徐々に開きます。
  • (4) 排出チューブから流れるサンプルが白糸のようになれば測定可能です。

特長・機能

1システムを流れるサンプルをそのまま測定できる

システムを流れるサンプルをそのまま測定できる

ボトルなどを仲介しないため、実際にシステムを流れるサンプルのそのままの状態が測定できます。

図


2高粘度でも測定が可能

高粘度でも測定が可能

ボトルサンプラーやインラインサンプラーで対応出来ない高粘度のサンプルも測定可能です。

主な仕様

圧力範囲 0.2~1Mpa
粘度範囲 2~320cSt
最高使用温度 5~80℃
接続 M16ミニメス

カタログダウンロード

カタログの閲覧には専用のPASSWORDが必要です。カタログ閲覧用PASSWORDの発行はこちらからお願いします。

カタログ閲覧用PASSWORDの発行はこちらから

  • LCM20
  • ACM20
  • PDS.TM
  • PDS
  • IPD
  • igrade
  • IBS
  • Analex FDM/TFD
  • Analex FDM+
  • Analex pqL
  • Analex PC
  • FBO
  • マイクロクイック
  • 会社案内
  • 製品ラインナップ
  • 機械状態監視に新たな風を
  • 自動車業界に必要な汚染管理
お問い合わせ
潤滑油・油圧作動油・ATF・洗浄油のコンタミ・汚染度・水分・鉄粉濃度・オイル劣化・全酸価を、規格に準じて、監視・NAS測定・計測する場合は、パーティクルカウンタ(油中微粒子計数器)などのセンサ・テスタをお問い合わせください。お問い合わせ
技術情報
技術資料
よくある質問
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

ページの先頭へ