インテクノス・ジャパン
燃料コンタミ解析システム PDS.TM-FUEL のご紹介

  1. 株式会社インテクノス・ジャパン
  2. 製品情報
  3. 燃料測定機器
  4. 燃料コンタミテスタ
  5. PDS.TM-FUEL

PDS.TM-FUEL

  • 概要・特長
  • アプリケーション
  • 主な仕様
  • カタログダウンロード

概要

近年注目の燃料汚染度をを簡単判定し、状況を把握する

自動車燃料やジェット燃料中の夾雑物(コンタミ)や水分といった汚染を起因としたエンジントラブルが複数報告されています。エンジン/燃料噴射装置/バーナー/車両/発電機/航空機/防衛機器では,より厳密な燃料汚染度測定が実施され、製油所では一部製品についての出荷汚染度試験が義務化されています。過去の燃料試験は性状項目が中心で、汚染試験については問題解決に直結しない重量法や目視での推測確認が実施されてきました。ジェット燃料の夾雑物監視用途にも併せて設計された「PDS.TM」は,燃料汚染の試験が重量法や顕微鏡法から粒子測定法となったことで、ディーゼルエンジンに使用される軽油や炭化水素の洗浄液管理に応用され始めています。


燃料ライン

特長・機能

1

「PDS.TM」の設置はカンタン、ミクロン異物の見える化を実現特許出願

「PDS.TM」独自の技術でカンタン設置。すぐに上位のPLC・制御盤でリモート操作が可能に。配管接続は、システムの圧力や流量、製品タクトタイムなどから当社がサポートいたします。
1.ワークやその前後での全数検査、2.油圧配管の連続監視、3.給油タンクの清浄度


2

正確な測定を追求、「気泡」「前回測定」の影響を受けない設計特許出願

「PDS.TM」の特長は、対象となる採油ポイントから、内蔵されたポンプでサンプルを自動流入し、コンタミセンサで製品や設備機械の故障問題となる異物を測定することができる画期的なシステムです。特長は、コンタミ計測を確実なものとする精密メカニカル機構、フラッシング機構と消泡機構を搭載していることにあります。
外形図


3

ISO4406での表示

ISOコード番号と試料1ml当たりの粒子数の表 「ISO4406」とは汚染度コードの国際規格です。粒子数を、≧4,≧6,≧14μm(c)の3粒子径に区分し、1mL中の粒子数からスケール番号(1〜24)を斜線によって区分し、3桁表示します。
LCD表示内容
※「PDS.TM」は、100ml中の粒子数を表示します。


4

通信データのやりとりについて

上位のPCやPLCに送信されるデータの例 上位機器とRS232Cでデータ通信やセンサの測定時間とレポート間隔を設定します。

遠隔制御について

接点でオン/オフができます。内部電源(+5V)があるのでRemoteコネクタの1-2ピンを結線すれば起動します。

データのロギング(記録)について

測定データを現場で記録する場合はオプションのロガーを選択できます。LANでのネットワーク管理もできます。
※CFカード付属
ボタン一押しで測定値を記録


5

「MADE IN JAPAN」の安心感

「PDS.TM」は、日本で生産されているオンラインコンタミ監視システムです。出荷品は全て国内で校正・検査をしています。当社では世界で最新の校正装置を設計製造し、トレーニングを修了し認定された専門員だけが、厳密な精度調整を行い、数日以内での再校正サービスをお届けしております。


アプリケーション

燃料ライン

水分の進入経路は様々ですが,夾雑物同様,燃料およびその関連システムに悪影響を及ぼします。燃料タンクへの湿度の高い空気混入はタンク壁での結露などを生じさせ,場合によっては酸化鉄をも発生させることで機器故障へと導くのです。そして、水分や水分を好むバクテリアは単に燃焼率を低下させるだけではなく,燃料系統に進入し,フィルタの目詰まりや腐食を生じさせます。「PDS.TM」は、ISO等級の4,6,14µmに加え、問題となる燃料油中の分離水分を間接的に示す>21µmを測定表示します。この数字のトレンドから水分混入の可能性を読み取ることができます。

タービン・ディーゼルエンジンの燃料系統の自動清浄度判定

燃料、軽油、ケロシン、A重油、洗浄油、タンク、コモンレール・フィルタ性能チェック、配管のフラッシング、給油経路

主な仕様

機能 内部自動フラッシング・気泡除去機能
測定原理 光遮蔽式自動粒子計数法(レーザーダイオード)
適応油種 鉱油・合成油・軽油・灯油
適応規格 ISO4406 等級 7~22級
粒子サイズ 4チャンネル(4>,6>,14>,21>μm(c)
結果表示 LCDディスプレイ
ユニット流量 60mL/min
使用圧力 0.5Mpa以下、ただし、OUT側大気開放の場合は自由
使用粘度 動粘度150cSt ※1
油温範囲 油温範囲+5~+70℃(上記粘度範囲にも依存)
電源 100-120V(240Vはオプション)消費電力:65W
校正規格 ISO11943(ISO11171に準拠)
外部通信 RS232C
外部起動 接点1-2ピンを結線すれば起動します
重量 9.3Kg

※1:動粘度が150cSt を超える液体は、ラインナップされている高粘度用「PDS.V4」で対応しています。

カタログダウンロード

カタログの閲覧には専用のPASSWORDが必要です。カタログ閲覧用PASSWORDの発行はこちらからお願いします。

カタログ閲覧用PASSWORDの発行はこちらから

  • LCM20
  • ACM20
  • PDS.TM
  • PDS
  • IPD
  • igrade
  • IBS
  • Analex FDM/TFD
  • Analex FDM+
  • Analex pqL
  • Analex PC
  • FBO
  • マイクロクイック
  • 会社案内
  • 製品ラインナップ
  • 機械状態監視に新たな風を
  • 自動車業界に必要な汚染管理
お問い合わせ
自動車燃料・軽油・ジェット燃料のコンタミ・汚染度・水分を、標準規格ISO11171・NAS1638・IP564に準じて、監視・測定・計測する場合は、パーティクルカウンタ(油中微粒子計数器)などのセンサ・テスタをお問い合わせください。お問い合わせ
技術情報
技術資料
よくある質問
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

ページの先頭へ