インテクノス・ジャパン
オイル測定・燃料測定コンサルティング事例紹介

  1. 株式会社インテクノス・ジャパン
  2. 製品情報
  3. コンサルティング
  4. 事例紹介

コンサルティング事例紹介

事例紹介

オイルを測定する業務は欧米ではすでに設備 保全のスタンダードであります。国内でも2009 年から始まったISO 機械状態監視診断技術者の資格認定制度の中に「油中コンタミナント計測と管理」や「摩耗粉監視と診断」が必須訓練科目となっています。 事実,国内の各分 野で現場測定の需要が大幅に増えています。現場で潤滑油・作動油の「目視」や「におい」での判定がなくなり,オイルでの機械状態監視技術 が再び脚光を浴び,次世代の技術を取り入れながら進化しているのです。例として自動車のトランスミッション製造工程でのATF オンラインコンタミ監視,エンジンメーカーでの燃料油監視システムの導入,潤滑設備ラインの劣化センシングと傾向管理,部品メーカーでの洗浄油自動粒子測 定などが実現しています。 また,数年前から燃料油分析が増加し,事実,燃料油における清浄度監視機器の指定IP564や汚染度レベルも 国際的な管理値が設定されていくでしょう。インテクノス・ジャパンは、国内外の先進のメーカーと共に歩んできた経験と専門メーカの情報を 皆様に提供しています。

ここでは、事例の概要を記載させて頂きます。

A-1 建設機械メーカー

目的:製造ラインの作動油のコンタミネーションコントロールとモニタリングの画一化。

→建設機械に充填する作動油の清浄度レベルを一定以上にコントロールし、適切なフラッシングと供に全数車両監視を実現。

<適応できる業種>自動車・特殊車両・航空機・工作機械・重機械・造船・油圧機器メーカーなど


A-2 産業機械メーカー

目的:製品のコンタミ耐久試験機の製作とモニタリング要求。

→適切なコンタミ耐久試験の製作は難しく、インテクノスのノウハウと専門装置メーカーアレンジで最適化、摩耗粉を監視。

<適応できる業種>産業用機械全般・自動車部品・エンジン・航空機・建設機械・油圧機器メーカーなど


A-3 プラント設備

目的:設備機械の状態監視技術の向上を目的としたオンライン測定への設備改造計画。

→各監視テストポイントを拝観・選定し、それぞれにあったテスト方法の提案やオンラインへの組み込み方法を指導。

<適応できる業種>発電所・製鉄・製紙・化学プラント・製油所・メーカーの工場設備など


A-4 自動車メーカー

目的:トランスミッションのフラッシング強化とモニタリング。

→トランスミッションの出荷レベル設定やテストスタンドの濾過装置選定から、清浄度レベルを向上させ全数検査を実現。

<適応できる業種>自動車・自動車部品・建設機械・特殊車両・発電機・減速機・増速機メーカーなど


A-5 エンジンメーカー

目的:工場内の充填用燃料油(軽油)清浄度レベルの向上とモニタリング。

→軽油充填レベルをNAS2級以下に保ちエンジン燃料ラインへ供給を実現、その充填前を常時監視することで保証書を発行。

<適応できる業種>エンジン・自動車・建設機械・特殊車両・航空機メーカーなど


A-6 自動車部品メーカー

目的:高性能化された燃料系統部品の清浄度レベルの向上とモニタリング。

→洗浄装置におけるモニタリングと出荷フラッシングのレベルアップにより不具合品を大幅に減少。

<適応できる業種>エンジン・自動車・建設機械・特殊車両・自動車部品メーカーなど


A-7 エアライン

目的:空港におけるジェット燃料充填清浄度モニタリング。

→国内各地での燃料供給ラインによる汚染度検査を実施し、レベルが高いことを確認、将来監視技術を提案。

<適応できる業種>製油所・航空機・エンジンメーカーなど


A-8 建設機械メーカー

目的:海外における燃料コンタミによるエンジントラブルの原因調査。

→車載型の燃料フィルタのフィールドでの能力を判定し、その解決案やその後の再設計案を提案。

<適応できる業種>エンジン・自動車・建設機械・特殊車両・航空機メーカーなど


A-9 重機械メーカー

目的:会社単位でコンタミネーションコントロールマネージメントを向上させる

→品質保証部が主体となり、当社セミナーを定期的に各事業所単位で行うことで、社内と外製部品の向上に成功。

<適応できる業種>自動車・特殊車両・航空機・工作機械・重機械・造船・油圧機器メーカーなど


A-10 航空機メーカー

目的:機体に充填する液体の工場タンクをレベルアップさせ、品質保証に備える

→工場油圧タンクやジェット燃料タンク再設計の提案と濾過装置選定のノウハウを提供することで清浄化に成功。

<適応できる業種>自動車・特殊車両・航空機・工作機械・重機械・造船・油圧機器メーカーなど

お問い合わせ
オイル測定器・燃料測定機器において専門性を追求してきた結果、様々な事例を経験し多くのノウハウを手に入れました。
蓄積されたノウハウと独自に構築した情報ネットワークを駆使し、お客様の抱える問題、お悩みに全力を持ってお応えします。お問い合わせ
技術情報
技術資料
よくある質問
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

ページの先頭へ